パンフレットが完成しました! | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE
FacebookTwitterYouTube
FacebookTwitterYouTube

パンフレットが完成しました!

今回は2023年以降の発展向けて新たに”TECHNO-FRONTIERコンセプト図”を制定しました。
この思いを具現化するために、TECHNO-FRONTIER事務局は努力して参ります。
こちらのコンセプトも常にシン化させていきます!

TECHNO-FRONTIERに込める私たちの思い

先月の”TECHNO-FRONTIERに込める私たちの思い”に加えまして、新たにTECHNO-FRONTIERコンセプト図を制定しました。
こちらの図面に込めた世界観を表現するため絶え間ない努力を続けて参ります。

コンセプト図

TECHNO⁻FRONTIER2023パンフレットが完成しました

2023年のTECHNO-FRONTIERのパンフレットが完成しました。
ダウンロードはこちら

TECHNO-FRONTIER/INDUSTORY-FRONTIERご出展者ご紹介(第二回)

この欄では、ご出展者様のキラリと光る展示品のご紹介をさせていただきます。

第二回は日本シールドエンクロージャー(以降JSE)様の国産初の『リバブレーションチャンバー』です。

本年、創業50周年を迎えるにあたり、新製品のPRと新たな商談機会の発掘のため、TECHNO-FRONTIER”EMC・ノイズ対策技術展”にご出展いただきました。

リバブレーションチャンバーは、シールドルームの共振とスターラーによる電波の撹拌を利用して、実際のEMCを模擬した環境を作り出す装置です。
近年では、航空機・自動車(自動運転)などの分野で注目されています。

【日本電計】リバブレーションチャンバー
https://www.keisokuten.jp/products/3306.html

本機は車載、民生各種イミュニティ規格、車載200V/m照射試験、レーダーパルス試験にも対応おり、また、独自スターラー構造により、広範囲のワーキングボリュームを実現しています。

適用周波数に応じて、2タイプの標準ラインナップ(80MHzタイプ、200MHzタイプ)があり、各種規格に適合しております。

チャンバー、スターラー、ソフトウェア(TDK社)共に国産のため、メンテナンスやトラブル発生時に迅速に対応が可能となっています。
国産ならではのサポートの良さも注目です。

なお、独自のスターラー構造を採用することにより、電界が均一となる領域であるワーキングボリュームを広く確保しております。試験時に誤動作を自動検知できる画像判定システムも搭載されており、誤動作が起きた場合は自動録画されますので、人が監視しなくても試験ができるため、試験の効率化を図ることができます。

電波関連設備のご要望がございましたらJSE様の下記お問い合わせ先にご相談下さい!

お問い合わせ先

日本シールドエンクロージャー 大阪本社営業課
〒570-0043 大阪府守口市南寺方東通4-11-12
TEL:06-6998-7771

このご紹介記事は、後日、2022ご来場者様(on-line含む)へのメルマガでも配信します。

日刊工 新製品情報(10月号)

日刊工 新製品情報(10月号)にてアフター・テクノフロンティア特集を掲載します。

TECHNO-FRONTIER 2022にご出展された企業様の製品が掲載されます。

【掲載ご出展者様】

  • リケン環境システム 
  • 大分県産業科学技術センター
  • ポニー電機
  • 日本生工技研
  • 日本シールドエンクロージャー
  • Luci
  • イノサイエンス
  • Piezo Sonic
  • 東芝情報システム
  • スマック

是非ご覧ください。

https://www.shinseihinjoho.jp/

皆様のご意見・製品情報をお聞かせください

  • こんな情報が欲しい
  • 当社にはこんな技術・製品がある、メルマガで取り上げてほしい
  • こんな技術はないだろうか?
  • こんな企業に出展してもらいたい。

などなど皆様のご意見・ご情報をお待ちしています♪♪

連絡先:tf@jma.or.jp

次回開催のご案内

TECHNO-FRONTIER2023/INDUSTRY-FRONTIER2023
■リアル展
会期:2023年7月26日(水)~28日(金)10:00~17:00
東京ビッグサイト東展示棟

■オンライン展
2023年8月1日(火)~25日(金)

関連記事一覧

JMA GARAGEお問い合わせ
JMA GARAGE最新情報
ご案内