オムロン サイニックエックスが目指す新しいイノベーションマネジメント~創業者から受け継がれるSINIC(サイニック)理論~ | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE

オムロン サイニックエックスが目指す新しいイノベーションマネジメント
~創業者から受け継がれるSINIC(サイニック)理論~

受付終了いたしました。

オムロン サイニックエックスをご存知でしょうか?

オムロン サイニックエックスはオムロンの考える“近未来デザイン”を創出する戦略拠点として2018年4月に発足した組織です。2020年以降の成長をけん引する技術、新規事業創出を目指して立ち上げられています。法人化する事によりオムロン本体の意思決定プロセスから切り離して活動を推進している様子から本気度がうかがえます。

この度オムロン サイニックエックス 代表取締役社長 諏訪 正樹 氏をお招きして、同社の目指す方向性やイノベーションマネジメントの考え方について共有いただく機会を設けます。是非、この貴重な機会をご利用ください。
(※2020ものづくり総合大会のK-2セッションにご登壇いただきます。)

講演日時

2020年2月20日(木) 12:50~14:30

講演概要


オムロン サイニックエックス
代表取締役社長
諏訪 正樹 氏

「オムロン サイニックエックスが目指す新しいイノベーションマネジメント
~創業者から受け継がれるSINIC(サイニック)理論~」

1. 創業者から受け継ぐDNA
2. 近未来デザインに基づくイノベーションマネージメント
3. オムロン サイニックエックス流オープンイノベーション

聞きどころ

2018年4月「近未来をデザインし、世界を変える」ために設立されたオムロン サイニックエックス。オムロン本社からの大きな意思決定プロセスから切り離すことで、さらなるイノベーションを期待されています。オムロンには創業者から受け継がれる「SINIC理論」と呼ばれる技術・科学・社会が相互に影響を与えながら描く未来像があります。本講演では、代表取締役社長の諏訪氏に「SINIC理論」に基づいた、これからのイノベーションマネジメントについて語っていただきます。

講演者 略歴

1997年
オムロン株式会社入社 以後画像センシングの研究開発に従事
2008年
技術本部コアテクノロジーセンター 技術専門職
2018年
オムロン サイニックエックス代表取締役社長 現在に至る
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 客員教授(兼任)
九州工業大学 生命体工学研究科 連携大学院客員教授(兼任)

2020ものづくり総合大会のK-2セッションにご登壇いただきます。
※JMA GARAGEサイトから本セッションへお申込みいただくと優待価格18,000円(税抜)を適用いたします。 (通常価格は25,000円(税抜)となります。)

第57回 2020ものづくり総合大会 開催概要

会期:
2020年2月18日(火)~20日(木)
(オムロン講演日時:2020年2月20日(木) 12:50~14:30)
会場:
東京コンファレンスセンター・品川 »交通案内
JR品川駅南口(東口)より徒歩2分
主催:
一般社団法人 日本能率協会
公式サイトURL:

2020ものづくり総合大会のK-2セッションにご登壇いただきます。
※JMA GARAGEサイトから本セッションへお申込みいただくと優待価格18,000円(税抜)を適用いたします。 (通常価格は25,000円(税抜)となります。)

JMA GARAGE最新情報
ご案内