2020年TAITRONICS、AIoT Taiwan 10月にオン·オフラインのハイブリッド開催 | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE

2020.09.24

2020年TAITRONICS、AIoT Taiwan 10月にオン·オフラインのハイブリッド開催

未来のビジネスチャンス目指す

2020年「台北国際エレクトロニクスショー(TAITRONICS)」及び「台湾AI及びIoT見本市(AIoT Taiwan)」は、台湾貿易センターと台湾区電機電子工業同業公会の主催により、10月21日から23日まで台北南港展覧館で行われ、電信、情報、通信、科学技術を含む大規模メーカー300社が出展、500以上のブースが出展し、初めてオンライン·オフラインのハイブリッド形式で開催することになります。

今回の展示会は、COVID-19(新型コロナウィルス感染症)の発生にもかかわらず、業界の強力な支援を受け、8大テーマパビリオンを設置して、電機電子部品&パーツ、バッテリーやACアダプター、人工知能やIoT、スマートリテール、eコマース、照明関連製品などを網羅しました。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、台湾の入国制限や入国者の管理を強化しています。海外バイヤーが台湾まで訪れて感じることができなくても、展示期間中に仁宝(Compal)が先頭に立って、固緯電子(GWINSTEK)、南京資訊(PROTECH SYSTEMS)、致茂電子(CHROMA ATE)、凌群電腦(THE SYSCOM GROUP)、康舒科技(AcBel Polytech)、菲凡能源(MASTERHOLD)とROHDE & SCHWARZ Taiwanなどオンライン製品の発表を行行います。

詳細はこちらから
https://www.taitronics.tw/en/index.html

JMA GARAGEお問い合わせ
JMA GARAGE最新情報
ご案内