中国スマートシティービジネスに食い込め!-元HUAWEI(ファーウェイ)責任者が語る中国スマートシティとは?- | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE

中国スマートシティービジネスに食い込め!
-元HUAWEI(ファーウェイ)責任者が語る中国スマートシティとは?-

今、世界が中国・深圳のスマートシティを注目しています。

深圳市は、中国のIT特区として始まり、スマート交通、キャッシュレス決済、顔認証による無人店舗などを率先して導入してきました。

またインキュベーション、VC(ベンチャーキャピタル)によるサポートなど、今や世界の最先端技術とイノベーションを提供し続けるスマートシティへと成長しています。

今回はHUAWEIにてスマートシティプロジェクトを率いた徐氏にプロジェクトの概要などを講演いただきました。下記よりご覧ください。(日本語字幕付き)

登壇者PROFILE


徐 国宇
IngDanJapan 高級顧問

2000年にHUAWEIに入社し、企業BG業界Marketingとソリューション部副総裁、OpenLab 創始者などを歴任し、スマートシティ、スマートキャンパス、スマート交通向けのDXの構造作り・標準作り及びその展開を担当し、深セン、蘇州、蘭州など10都市強のスマートシティプロジェクトを手がけていた。

関連イベントはこちら

【経営トップ対談】
Withコロナ時代に加速するスマートシティへの移行
~中国のスマートシティ事情~

JMA GARAGE最新情報
ご案内