【S2】12月1日(水)15:35-17:40
【会場 / オンライン】
光村 圭一郎 ・菊池 昇 ・宮部 義幸

(敬称略)

【S2】12月1日(水) 15:35-17:40

光村 圭一郎 イメージ

モデレーター

光村 圭一郎

三井不動産株式会社
ベンチャー共創事業部
統括/BASE Q運営責任者

三井不動産株式会社 イメージ
菊池 昇 イメージ

パネリスト

菊池 昇

株式会社コンポン研究所
代表取締役所長

宮部 義幸 イメージ

パネリスト

宮部 義幸

パナソニック株式会社
専務執行役員

パナソニック株式会社 イメージ

特別対談「人生100年時代に活きるエンジニアの条件」

講演概要

菊池 昇
「基礎研究はシニア、イノベーションはジュニア、マネージメントはミドル」
~基礎研究をイノベーションにつなぐマネージメントは可能か~

「何を何故、実現したいのか」からはじまり「これまで解っていることや成されたことを理解」し、「何を発見・発明する研究」をするのか」、「その研究を誰とどのように」進め、「得た結果をどのように社会へ展開」するのかを繰り返し、繰り返し考え実行すれば、きっと素晴らしいイノベーションになる。何故日本よりは米国のほうが大きな変化を社会にもたらすイノベーションが多いのだろうか? 日本と米国、またアカデミアと産業界での活動してきた経験をもとに、研究をプロモートしプロデュースすることを皆さんと共に考えたい。

宮部 義幸
「イノベーションに適齢期はない」(仮)

・産業界の先駆者が教えてくれるもの
・産業創生/事業創出という呪縛
・ジェネレーションに囚われずにイノベーションに取り組む

PROFILE

光村 圭一郎
1979年、東京都生まれ。
2002年、早稲田大学第一文学部を卒業し、講談社入社
2007年、三井不動産入社
2012年より新規事業担当。2014年、新規事業の一環で日本橋・三越前に『Clipニホンバシ』を開設。
2015年、全社横断的な新規事業部門としてベンチャー共創事業部の立ち上げ、スタートアップの連携を創出するオープンイノベーション活動に従事。2018年、東京ミッドタウン日比谷に『BASE Q』を開設し、大手企業のオープンイノベーションを支援するプログラムの提供を開始。

菊池 昇
米国ミシガン大学でCAE(コンピュータ支援工学)などのデジタルエンジニアリングやコンピュータシミュレーションに関する教育・研究に従事し。2003年、豊田中央研究所の取締役を兼任。2009年副所長、2014年代表取締役所長に就任し、2021年6月退任。2008年に米国ミシガン州に設立されたトヨタ先端研究所の所長に就任し、現在はコンポン研究所代表取締役所長。
2015年からミシガン大学Roger L. McCarthy Professor Emeritus of Mechanical Engineer

宮部 義幸
1983 年大阪大学大学院工学研究科修了。同年、松下電器産業株式会社(現パナソニック(株)) に入社。本社研究所でハイパーメディア、ワークステーション、デジタル放送システムなどの開発に従事。新規事業の立ち上げ、技術戦略スタッフを経て、2008 年に役員就任。
2011 年常務取締役(技術担当)、2013 年常務取締役(AVC ネットワークス社社長)、2014 年代表取締役専務(同)、2015 年代表取締役専務(技術・知的財産・モノづくリ総括・調達担当)。
2017年 専務執行役員(CTO、CMO、CQO、CPO、CIO)、2021年 専務執行役員 東京代表、渉外担当、東京オリンピック・パラリンピック推進本部長、ビジネスソリューション本部長、統合型リゾート(IR)事業推進本部長などを兼務し、現在は、専務執行役員として、東京代表、渉外およびソリューションパートナーの職能を担当している。

TIME SCHEDULE

  • 講演 125分
  • 終了後ネットワーキング 17:40~18:00

アーカイブ配信

なし

ENTRY

以下よりお申し込みください。

JMA GARAGEお申込み
JMA GARAGEお問い合わせ
JMA GARAGE最新情報
ご案内

2021 © Japan Management Association All Rights Reserved.