J-TECH STARTUP | CO-CREATION | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE

J-TECH STARTUPとは

イノベーション創出のヒント「JMA GARAGE」は、TEP主催の「J-TECH STARTUP」とコラボレーションします。

J-TECH STARTUPは技術オリエンテッドなスタートアップに注⽬し2016年度より対象となる企業を毎年認定する制度です。2019年度は4社が新たに認定されました。

このコラボレーションは、技術をコアコンピタンスにして活動するスタートアップを特集することで、グローバル成⻑を⽬指す企業⾃⾝、アイデア、ビジネスモデルを広く共有し、産業界全体が前へ進むことを⽬的にしてます。

今後、認定企業のインタビューなどの情報発信をアップしていく予定です。

また2020年のイベントの模様は下記よりご覧いただけます。

TEPとは

TEPロゴ

TXアントレプレナーパートナーズ(TEP)は、⽇本のトップレベルの技術をビジネス化し社会普及させることを目的として、2009年11⽉19⽇に設立されたベンチャー企業の支援組織です。

エコシステム図

「J-TECH STARTUP」とは?

J-TECH STARTUPロゴ

インターネットを使ったSNSやECサイト、ゲームなど様々なサービスが、人々に多く の利便性や新たな価値を生み出しています。サービス技術は、比較的短期間で製品開 発が可能で、日本でも成功例や支援方法が確立されつつあります。

一方、それらを支える基幹技術である高速通信やAIエンジン、CPU技術などに代表されるDeep Tech(コ ア技術)は、裏方的で理解が難しく、製品化までに時間と人的リソースが多くかかり ます。そのため、事業化リスクが高く投資等のサポート体制は十分とは言えません。

しかし、基幹技術であるDeep Techなくしてサービス技術は成り立ちません。シリコ ンバレーでは近年、サービス系技術を提供する会社への集中的な投資から、Deep Techへの投資が積極的に行われるようになってきました。日本の先端技術は海外から の注目が高く、2013年には、外資系グローバル企業によって、日本の大学発ロボティ クスベンチャー企業の買収なども行われています。

「J-TECH STARTUP SUMMIT」は、ハードウェアだけではなく、組み込み型ソフトウェ アやクラウド上の処理エンジン、バイオ技術、先端材料、ロボティクスなど、広義のDeep Techに焦点を当て、その重要性に注目し、Deep Techベンチャー企業のサポート体制を確立するために必要なことを議論しています。また、「J-TECH STARTUP」銘柄を選出し発表することで、日本のDeep Techへの注目度を上げることを目指します。

J-TECH STARTUP 認定企業⼀覧

J-TECH STARTUP 2019 認定企業 ※ABC順

【シード枠】

合同会社Space Cubic
https://spacecubics.com/

宇宙開発を加速させる、安価で⾼性能な宇宙用コンピュータの開発

紹介動画https://drive.google.com/open?id=1wksU0X-R38FCq65Mj81MT6xh9UyInsP0

【アーリー枠】

BionicM株式会社
http://www.bionicm.com/

ロボティック義足など、ロボットと人間を融合するモビリティデバイスの研究開発

紹介動画https://drive.google.com/open?id=1p4Q3hM3xWuwhj9-yRy8SlnPQzej80wKj
株式会社セルージョン
https://cellusion.jp/

水疱性角膜症の治療を目的とするiPS細胞を利用した角膜内皮再生医療

紹介動画https://drive.google.com/open?id=11iW3ldr5YhMFcMrJHj2dwnbXoYXWZTzM
株式会社Smart119
https://www.smart119.biz/

AIを活用し救急医療の「最適化」を目指すシステムの開発・運用

紹介動画https://drive.google.com/open?id=1CsijzN7JOfhI2ZaSnjjkqsWA4ZuOcxxu
Copyright © Japan management Association All Rights Reserved.