新しい臨場感:触覚テクノロジーの可能性と現状 | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE
FacebookTwitterYouTube
FacebookTwitterYouTube

新しい臨場感:触覚テクノロジーの可能性と現状

OUTLINE

触覚は私たち人間の五感の中で生まれてから最も早く発達する感覚といわれています。五感関係の領域で現在の市場をみてみますと、主に視覚と聴覚のデジタル化が進んでいますが、触覚(ハプティック)に関連する技術市場もここ数年で大きく注目を集めています。

この触覚フィードバックは、スマホや車載機器の操作などの次世代インターフェースとして期待されているだけでなく、没入体験型ゲームなどのエンターテイメント分野や職業訓練などの教育・トレーニング分野など、幅広い将来性を秘めています。

また、触れるという行為は、人々の感情的なつながりや心の健康の維持に不可欠な行為でもあり、長期化するパンデミックにより、人と物理的に会うなどの行動が制限される中で、遠隔でも触れることが可能になる触覚技術の進化は、ますます重要になってきているといえます。

本セミナーでは、世界のハプティック技術とそのアプリケーションを紹介するとともに、デジタル化された触覚を通じたコミュニケーションが可能になることによって、私たちの社会生活や社会行動にどのような影響が出るかについても考察していきます。

日時:

2021年10月28日(木)10:30~12:00

方法:

オンライン(Zoom)にて講演動画を配信いたします。

対象:
  • 海外の最新テック情報を知りたい方
  • 五感のテクノロジーに関心のある方
  • 新規事業のヒントを得たい方
  • 触覚の分野に関心のある方
定員:

300名

費用:

無料

※動画視聴方法は、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。

PROGRAM

10:30~12:00

主な内容

  • ハプティック技術の市場概要
  • 世界のウェアラブル・ハプティクス企業
  • 世界のハンドヘルド・ハプティクス企業
  • 世界のミッドエア・ハプティクス企業
  • ユーザー事例(医療、リテール、自動車、軍事トレーニング)
  • 触覚と人間の未来の感性コミュニケーション

主な紹介事例

  • SenseGlove:ミリタリーでの職業トレーニング
  • FundamentalVR:外科手術シミュレーション
  • Ultraleap:リテール現場での新しい体験
  • Immersion:自動車でのハプティック操作

講師

マサ 岩崎様

マサ 岩崎
Webrain Think Tank LLC, Co-Founder and EVP

【略歴】
1995年に渡米、米国三井物産New York勤務、シリコンバレー勤務を経て、2001年からシアトルにて勤務しICT関連の事業とWebrain事業に従事。2018年7月から現職。
Webrainは1999年にシアトルで創業。主にハンターたちと戦うためのグローバルスキルのトレーニングと、日本企業のM&A、事業開発、クロスボーダー取引におけるソフトファクター面での支援を18年に渡り提供。
日本人が騙されないためのスキルトレーニングと日米幹部のチームビルディングや、買収後のPMI支援を提供。
新しいIT技術によって引き起こされるビジネスの創造やIT産業の潮流についての講演歴多数。

参加方法

本イベントはZoom(無料アプリ)にて開催いたします。
視聴に関するご案内は、当日開始前までに申込時のメールアドレス宛てにお送りします。
<参加に必要なもの>
  • パソコン、スマートフォンまたはタブレットと、インターネット環境


  • 主催・問い合わせ先

    主 催:
    一般社団法人日本能率協会
    担 当:
    森宮・久壽米木
    連絡先:
    Eメール : jma-garage@jma.or.jp
    JMA GARAGEお問い合わせ
    JMA GARAGE最新情報
    ご案内