フードテックを通じた食の未来とイノベーション | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE
FacebookTwitterYouTube
FacebookTwitterYouTube

フードテックを通じた食の未来とイノベーション

OUTLINE

2025年には世界で700兆円規模にまで成長すると予測されている「フードテック」市場。

この注目の分野には、スタートアップ企業は勿論のこと、これまで「食」というキーワードとは結びつかないような企業も続々と新規参入しています。

そこで、「フードテック」のトレンドと今後、そして「フードテック」が「食」や「サービス業」をどう変えるのかについて、フードテックの専門家であるシグマクシス ディレクター 田中 宏隆様、そしてサービス業のトップ経営者であるロイヤルホールディングス代表取締役会長 菊地唯夫様をお招きしてお送りいたします。

日時:

2021年9月16日(木)15:30〜17:00

形式:

zoomにてオンライン開催

定員:

300名

参加対象:
  • フードテック領域の技術・サービスをお持ちの企業の方
  • フードテック市場に参入を検討している企業の方
  • フードテック領域の企業との連携を検討している企業・ユーザー(飲食業)の方
参加料:

無料

PROGRAM

15:30~17:00
  1. イントロダクション

    日本能率協会 JMA GARAGE事務局

  2. 講演(1)
    「-フードテックは何故注目されているのか-
    フードテックがもたらす食への変化」

    シグマクシス ディレクター 田中 宏隆 様

  3. 講演(2)
    「サービス産業の未来とフードテックへの期待」

    ロイヤルホールディングス 代表取締役会長 菊地 唯夫 様

  4. 視聴者からのQ&Aを交えたパネルディスカッション

    ロイヤルホールディングス 代表取締役会長 菊地 唯夫 様
    シグマクシス ディレクター  田中 宏隆 様(進行)

  5. 日本能率協会のフードテック関連展示会のご紹介

登壇者

菊地 唯夫様

ロイヤルホールディングス株式会社 
代表取締役会長
菊地 唯夫様

1988年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、日本債券信用銀行(現 あおぞら銀行)入行、頭取秘書なども務める。
1993年フランスESSEC経済商科大学院大学(ビジネススクール)卒業。
2000年ドイツ証券入社、投資銀行本部ディレクターなどを経て、2004年執行役員総合企画部長兼法務室長としてロイヤルホールディングス入社。
2010年同社代表取締役社長、2016年代表取締役会長兼CEO、2019年代表取締役会長に就任(現任)。
日本フードサービス協会第17代会長(2016〜2018年)。
2020年4月より京都大学経営管理大学院特別教授。

田中 宏隆様

株式会社シグマクシス 常務執行役員
スマートキッチン・サミット・ジャパン主催者
SPACE FOODSPHERE 理事
田中 宏隆様

パナソニックを経て、マッキンゼーにてハイテク・通信業界を中心に8年間に渡り、成長戦略立案・実行、M&A、新事業開発、ベンチャー協業などに従事。17年、シグマクシスに参画。 同年、スマートキッチン・サミット・ジャパンを立ち上げ、以来食を起点とした事業共創エコシステムの形成を通じた新産業創出を目指す。米スマートキッチン・サミット(SKS)、Rethink Food(米CIA)をはじめとした国内外での多数の講演、メディアを通じた情報発信にも積極的に取り組む。21年4月より、NHKラジオ「マイあさ!」にレギュラー出演。
『フードテックの未来』(18年/日経BP総研)監修、『フードテック革命』(20年/日経BP)共著。

参加方法

本イベントはZoom(無料アプリ)にて開催いたします。
視聴に関するご案内は、当日開始前までに申込時のメールアドレス宛てにお送りします。
<参加に必要なもの>
  • パソコン、スマートフォンまたはタブレットと、インターネット環境


  • 主催・問い合わせ先

    主 催:
    一般社団法人日本能率協会
    担 当:
    森宮・久壽米木
    連絡先:
    Eメール : jma-garage@jma.or.jp
    JMA GARAGEお問い合わせ
    JMA GARAGE最新情報
    ご案内