~働きがいと働きやすさは両立します!~2020年度 KAIKA大賞実践事例紹介「ソフィアメディ(株)の取組み」 | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE
FacebookTwitterYouTube
FacebookTwitterYouTube

~働きがいと働きやすさは両立します!~
2020年度 KAIKA大賞実践事例紹介
「ソフィアメディ(株)の取組み」

このたび、 今年度のKAIKA Awards (https://kaikaproject.net/awards) の 応募受付を開始したことにあわせて、下記のとおり、オンラインセミナー(参加費無料)を 開催します。

セミナーでは、KAIKAの実践事例として、2020年度にKAIKA大賞を受賞されたソフィアメディ様にご講演をいただきます。審査員・事務局一同が唸った、業界を問わず参考となる事例です。

概要としては、超高齢化社会に向け、人材確保が急務な訪問看護業界で、経営層から現場担当者が一体となって、ミッションやビジョンを再定義し、働きがいと働きやすさを両立するための様々な施策を実施。CS(顧客満足)とES(従業員満足)の同時実現に挑戦し、従業員数が2倍になりながらも、離職率を半減させた取り組みです。

KAIKA Aawardsへのご応募をご検討されている方に限らず、組織の活性化、社会価値創出、社員が自律的に成長する組織づくりなど、組織の「KAIKA」に関心をお持ちの方は、是非ご聴講ください。

OUTLINE

日時:

2021年6月10日(木)14:00~15:00

会場:

Zoomにて開催いたします。
※ZoomのURLは開催日前日(6月9日)に、ご登録いただいたメールアドレス宛にご案内します。

定員:

100名
(※定員になり次第、締め切らせていただきます。)

参加費:

無料

参加対象:
  • 経営者、経営企画・人事部門等のご責任者・ご担当者
  • KAIKA経営の実践方法にご関心のある方々
  • 経営理念の浸透、組織の活性化、人材育成、働きがいのある職場づくりにご関心のある方々 など

PROGRAM

14:00~14:10

KAIKA経営の実践がもたらす組織のメリットとは?!
~7,000名以上のビジネスパーソンを対象とした調査研究から~

(日本能率協会 KAIKA研究所 所長 近田高志)
14:10~15:00 KAIKA実践事例発表:

『従業員数2倍の一方で、離職率の半減を目指す!
訪問看護事業の普及を可能にした、「働きがい」と「働きやすさ」の両立の挑戦』

ソフィアメディ株式会社
VMS推進本部本部長
伊藤 綾 様

「『生きる』を看る。ぐるぐるモデル」
ソフィアメディでは、お客様の「生きる」を看て、従業員の「生きる」も見る。 お客様の「声」、経営層~現場担当までの「声」を丁寧にくみ取り、全社を巻き込んだ「生きた」CS・ESの循環もモデルを構築しました。
構築にあたり実施した事とは何か?
人材確保という訪問看護業界の社会課題に、どのように挑戦したか?
事務局・審査員一同、素晴らしい取り組みと唸った、業種を問わず参考になる事例です。

主催・問い合わせ先

主 催:
一般社団法人日本能率協会
担 当:
近田・不破
連絡先:
Eメール : kaika@jma.or.jp

【個人情報の取り扱いについて】
お申込時にご入力いただいた個人情報については、イベントの主催者である一般社団法人日本能率協会および、peatixがそれぞれの個人情報取扱い規定にもとづき管理させていただきます。一般社団法人の個人情報取扱いについては個人情報等保護方針をご覧ください。
JMA GARAGEお問い合わせ
JMA GARAGE最新情報
ご案内