【緊急開催】 NHKジャーナリストによる現地特別レポート ~2020アメリカ大統領選挙後の世界と日本~ | イノベーション創出のヒント JMA GARAGE

【緊急開催】
NHKジャーナリストによる現地特別レポート
~2020アメリカ大統領選挙後の世界と日本~

アメリカ社会を分断する激戦の様相を呈している2020大統領選挙。
いくつかの不安要素はあるものの、民主党のバイデン氏が次期大統領にほぼ確定いたしました(11月9日現在)。

大国アメリカを率いるリーダーの舵取りは、日本の産業界に色濃く反映されます。
コロナと経済で揺れ動く世界の中で、今回の結果がどのように見られ、また、今後どのような影響が及ぶのか。
海外渡航が止まっている今、マスメディアからだけでは伝わってこない生のリポートを通して、各方面での状況分析や事業判断に役立つ機会を提供します。

今回は、この歴史上注目を浴びた2020アメリカ大統領選挙の結果を、現地の最前線で取材を続けるNHKアメリカ総局の特派員・野口修司氏と、アメリカの最新レポートを日本企業に向け発信している電通パブリックリレーションズの許氏の2名をお迎えして最新情報をお届けいたします。

OUTLINE

日時:

2020年11月18日(水)10:30~11:40


※上記日時は突発的な事由等により変更になる可能性がございます。
予めご了承ください。        
方法:

オンライン(Zoom)にて講演動画を配信いたします。

対象:
  • アメリカ大統領選の選挙結果とその後の動きに関心のある方
  • アメリカ経済・産業に関心のある方
  • 対日政策の動向に関心のある方
  • アメリカでの経済活動に関心、関係のある方
定員:

100名

費用:

3,300円(税込)

※動画視聴方法は、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。

PROGRAM

10:30~11:40
  • 第1部
    ・アメリカにおけるコロナの現状
    ・アメリカ/ニューヨークにおけるコロナの現状・市民生活
    ・今、日本に伝えるべきアメリカでの取材テーマ
  • 第2部
    ・アメリカ社会と経済
    ・アメリカ社会の動向(BLM・格差分断・消費傾向など)
    ・アメリカの経済動向と見通し(経済指標・株価・雇用・失業率等)
    ・大統領・上院・下院のねじれや民主党の政策について
    ・今後のアメリカの産業の見通しは(エネルギー・自動車・航空等)
  • 第3部
    ・バイデン大統領で日米関係はどうなるか
    ・対日経済政策に変更はありそうか
    ・米中関係は変化するのか
  • QAセッション
    ・事前質問とチャット質問
    ・日本企業はどう見られているか。プレゼンスがある日本企業は?
    ・ミレニアム/Z世代と消費傾向
    ・日本企業はアメリカでどうやったら活躍できるか?
    ・アメリカの経済の実態は?

【Q&A】
チャットに寄せられた質問に回答いたします。

登壇者PROFILE


野口 修司(のぐち・しゅうじ)
日本放送協会 アメリカ総局

【略歴】
1992年上智大学文学部新聞学科卒。
同年、NHK(日本放送協会)入局。報道局政治部、経済部を経て、2007年から2010年までロンドン支局特派員。
帰国後、財務省キャップなどを担当。2014年からBS1「Biz+サンデー」キャスター。2015年4月から「経済フロントライン」キャスター、2016年6月から「ニュース シブ5時」ニュース解説を担当。
2018年7月よりアメリカ総局(ニューヨーク)に勤務。


許 光英(きょ・みつひで)
株式会社 電通パブリックリレーションズ
シニア・プロジェクト・マネージャー

【略歴】
1991年富士ゼロックス株式会社入社。ビジネスコンサルティングとドキュメントソリューションサービスに従事。
1996年電通パブリックリレーションズ入社。パブリックアフェアーズ、リスクマネジメント、デジタルコミュニケーションなどのプロジェクトを歴任。 近時は国際情勢分析、経営トップのコミュニケーション、メディア対応などを手がけている。慶應義塾大学文学部(社会学)、ペンシルバニア大学国際関係学部卒業。

参加方法

本イベントはZoom(無料アプリ)にて開催いたします。参加用ログインURLは、当日開始前までに申込時のメールアドレス宛てにお送りします。開始20分前よりログイン可能です。セットアップの所要時間は2分ほどです。
<参加に必要なもの>
  • パソコン、スマートフォンまたはタブレットと、インターネット環境


  • 主催・問い合わせ先

    主 催:
    一般社団法人日本能率協会
    担 当:
    成富・森宮・雨宮
    連絡先:
    Eメール : jma-garage@jma.or.jp
    JMA GARAGEお問い合わせ
    JMA GARAGE最新情報
    ご案内